走れ、うらた!一人の声を力に。

はじめまして。浦田だいすけです。

私が政治を志したきっかけは、少年期の体験と、両親や川崎の方々への感謝にあります。

私には6人の兄弟がおります。それだけでも両親に負担がかかる状況でしたが、さらに、父は仕事で苦労しておりました。電気・ガスが止まることは日常茶飯事。食事がままならないほど、生活に困っておりました。

そんな私たち兄弟にも希望がありました。

それは、両親の愛情、そして、周りの方々の励ましでした。

両親は、自分の身を呈して私たち兄弟を育ててくれました。また、多くの方々から頂いた励ましの声に助けられ、今日までやってくることができました。

そんな皆様への感謝を形にしたい――

深く考えたすえに、5年前になくなった父のエピソードを思い出しました。

私が生まれた時のこと。父は母と相談し、「将来、多くの方々を助けられる子に育ってほしい」との想いから、私を「だいすけ」と名付けたそうです。

この両親の想いにこたえたい。そして、今度は私が、励ましてくださった川崎の皆様の笑顔を作る手助けをしたい。

その強い気持ちから、この度、市政への挑戦を決意いたしました。

活動報告

  • 2019年4月7日 当選のご報告

    この度は、皆様の絶大なるご支援・ご声援を賜り、市政へ送り出して頂きました。
    心より感謝申し上げます。
    誠に誠にありがとうございます。

    皆様から頂いたご恩の数々、絶対に忘れません。
    一生涯、報恩感謝の道を歩み続けます。
    頑張ります!働いて参ります!
    浦田だいすけ

  • 11月21日 矢上川地下調節池を視察

    完成は平成37年を予定しております。この矢上川地下調節池が完成すれば、矢上川流域の約1万戸の浸水被害を防げることになります。

  • 11月5日 平成31年度予算要望書を提出

    福田川崎市長に公明党川崎市議会議員団の平成31年度予算要望書を提出いたしました。地域包括システムの構築、子どもの貧困対策、防災減災など10項目の重点項目と532項目にわたる市への要望となりました。

  • 10月16日 日本赤十字社に北海道胆振東部地震の救援募金を寄託

    神奈川県庁舎にて「北海道胆振東部地震被害者救援の会」大滝代表とともに、首藤日赤県副支部長へ寄託してまいりました。ご協力いただいた皆様の真心をしっかり届けてまいりました。

^